最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

使える

暖房器具

真冬の寒い夜、ストーブを炊くまででもないけれど、ちょっとした暖をとりたいことがあると思います。
そんな時、電熱ヒーターを使う事で、簡易な暖房器具として使うことが出来ます。
この方法を使うと、わざわざ別に電気ストーブを買わなくても、一台で複数の用途に使いまわすことができます。
使うのは、アウトドア用のヒーターアタッチメントです。
もともとはガスや石油バーナーの上に載せて、加熱することで遠赤外線を周囲に放射し、「こたつ」の様に体を温めることができる器具ですが、これを上に載せることで、同じ様に簡易ストーブとして使用する事ができます。
道具というものは、その都度用途に応じて揃え始めると、際限なく増えていってしまいます。
「基本的な機器」を買い、様々な工夫で使いこなしていくと、場所もお金も節約する事ができます。

トレンド

電気式のヒーターの最大の利点は、火加減を自在にコントロールできることにあります。
総合的な火力(カロリー)はガス・石油の方が上ですが、これらでは難しい「とろ火」を長時間維持できることが最大の特徴です。
この特徴を活かすことで、他の方法では難しい「料理」を作ることもできます。
たとえば温泉卵の様に「素材の内側と外側で、異なる温度にしたい」時に、大きな力を発揮します。
ガスの様に大火力を用いると、どうしても「内部が半煮え」の状況になりますが、電力を極とろ火にし長時間加熱することで、内部と外部を一様に温度上昇させることが可能となり、他の調理方法では難しい「白身はとろとろ、黄身は十分に火が通った」温泉卵や、冷凍状態の魚介類を高品質で溶解する「高品質さしみ」などを、簡単に作ることができます。

革命

中華料理のチャーハンの様に、これまで食品産業や飲食業界では「大火力を自在に操る」のがプロの技と言われてきました。
この背景には、大量のお客様を相手に、一つの料理にかける時間を最短にする、コストカットの側面があります。
しかし、日本人の外食率が高くなり、またファーストフード店の飛躍的な増加の中で、食の原点ともいうべき「美味しいものを、ゆっくり食べたい」ニーズも確実に増えてきています。
そんな中、家庭料理では味わえない「手間と時間」をかけた逸品に対する期待は日に日に高まっており、素材をゆっくり熟成させながら加熱できる電熱ヒーターに対する需要が急速に増えてきています。
これまで日本人が育ててきた食文化、特に「囲炉裏の文化」は、ほどよい火力でじわじわと素材に染み入る遠赤外線の力に置き換わろうとしています。
これからのスローフードの需要に、きっと電熱ヒーターは応えてくれると思います。

オススメリンク

メーカー別

電気の熱というものは現代社会においては様々なシーンで利用されています。
家庭で利用されているような電気ストーブもそうですし、工場などで利用されている電熱ヒーターなどもそれにあたります。
また、工場などでは加熱をしたり、溶解をしたりする際にもこれらの電熱ヒーターを利用するケースが…Read more

停電時

それらの多くのメリットがある為、電熱ヒーターは至る所で利用されていると言えるでしょう。
特に工業用ヒーターに関してはそのほとんどが電気を利用している状況と言えます。
実際にそれらのヒーターを制作や販売している会社は多数あります。
それらの企業は高い安全性や品質をしっかり…Read more

関連リンク

注目の記事

    メーカー別

    電気の熱というものは現代社会においては様々なシーンで利用されています。家庭で利用されているような電気ストーブも...

    Readmore

    停電時

    それらの多くのメリットがある為、電熱ヒーターは至る所で利用されていると言えるでしょう。特に工業用ヒーターに関し...

    Readmore

    はんだごて

    電熱ヒーターの値段は、その大きさや発熱量などによって、大きく異なっています。たとえば先述したはんだごての場合、...

    Readmore